Saturday, April 19, 2008

Delegateの導入

Mac OS Xにdolipoの導入もしたことだし、WindowsにもProxyサーバをいれようということで、使えそうなProxyサーバを調べてみた。

調べたところ、以下の3つの候補が上がった。

  1. Delegate (DeleGate Home Page (www.delegate.org))

  2. ZEROProxy (伊勢的新常識 - ZEROProxy)

  3. WMWifiRouter (WMWifiRouter)

どれを使おうか検討した結果、伊勢的新常識 - DeleGateLauncherinside of 伊勢的新常識(2008-02-03)の評判(昔からあるProxyサーバ、ZEROProxyよりもメモリ消費が少ない、高速に安定して動作する)から、Delegateを使うことにした。

というか、ZEROProxyとWMWifiRouterはモバイル向けじゃないか!その時点で、候補はDelegateに絞られるっ!!しかも、DelegateLauncherとZEROProxyの作者は同じで、DelegateLauncherはDelegateをZEROProxyと同等の使い勝手で使えるようにしたMobile版Delegate。

ということで、Delegateを使います!

  1. DeleGate Home Page (www.delegate.org)よりDelegateをダウンロード

  2. ダウンロードしたファイルの/binディレクトリに以下のファイルがあることを確認

    1. dg9_7_7-fix1.exe

    2. dgzlib1.dll

    3. libssl32.dll

    4. ssleay32.dll

  3. ダウンロードしたファイルを"C:\Program Files\DeleGate"に移動

  4. 環境変数"DGROOT"を"C:/Program Files/DeleGate"とする

  5. /DeleGate/bin/dg9_7_7-fix1.exeを実行

  6. インタラクティブに設定する

  7. DeleGate/9.7.7-fix1 (November 14, 2007)
    AIST-Product-ID: 2000-ETL-198715-01, H14PRO-049, H15PRO-165, H18PRO-443
    Copyright (c) 1994-2000 Yutaka Sato and ETL,AIST,MITI
    Copyright (c) 2001-2006 National Institute of Advanced Industrial Science and Te
    chnology (AIST)
    --
    FTP:
    WWW:
    Mail:

    Config: WindowsNT; FileSize-Bits=64/64,32/32,32; sockbuf=8192/8192; sockpair=819
    2/8192,2016++; thread=Winthread; stty=none; fmem=191/0/510M; MSC=1400
    --
    DGROOT=C:/Program Files/DeleGate
    Do configuration ? y / [n] : y
    -------------------------
    INTERACTIVE CONFIGURATION
    -------------------------
    ## see http://www.delegate.org/delegate/tutorial/
    Administrator's E-mail ## ADMIN=user@domain []
    ADMIN=
    Port of the DeleGate ## -P[hostName:]portNumber
    -P8080
    Client's Protocol ## SERVER=protocol[://defaultServer/]
    SERVER=



タスクマネージャを見ても、dg9_7_7-fix1.exeプロセスが動作している様子が見られないので、どうやら起動に失敗している。

調べたところ、SaKuRa WORKS-Works [Windows2000実験室:まずはDeleGateを動かそう]にある方法で動かせることが分かり、結果、動かすことができた。

C:\Program Files\DeleGate\bin>dg9_7_7-fix1.exe -P8080 ADMIN=hoge@example.com
(* snip *)
Set Automatic Start on System Startup ? [y] / n : y
OK. Parameters are saved in registry:
(* snip *)
OK. Environments are saved in registry:
(* snip *)

OK. The service is created successfully.
OK. The service started successfully.


これで、システム起動時にもDelegateが起動するようになった。あとは、クライアントの設定。

SaKuRa WORKS-Works [Windows2000実験室:まずはDeleGateを動かそう]にあるように、インターネットオプションの[接続]タブの[LANの設定]でプロキシサーバーを127.0.0.1、ポートを8080にする。そして、[ローカルアドレスにはプロキシサーバーを使用しない]にチェックを入れる。

そして、ココにアクセスして、HTTP_VIAという環境変数にDelegateという文字が入っていることを確認する。今回、自分がアクセスした結果、HTTP_VIAは以下のような値となった。

1.1 - (DeleGate/9.7.7-fix1)


これで、Delegateは動くようになったが、参考にしたページによるとこの状態で動かすことはあまりよくないことであるようだ。設定ファイルを使うなりして、パラメータを使う必要があるらしい。

ちょっと今日は眠いので、明日、続きをやろう・・・。


【参考】

No comments:

Post a Comment